• アーカイブ

  • カテゴリー

歯のホワイトスポット・ブラウンスポット(歯の白い白斑、茶色いしみ)を削らずにアイコンで治す

江東区にあります門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内の門前仲町髙木歯科です。遠方よりお越しの方は東京駅よりお車で10分程で通院が可能です。院長の髙木は国立大学法人徳島大学再生歯科治療学保坂啓一教授のご指導の下、ホワイトスポットの研究また学会発表・セミナー発表、専門誌への執筆を行っております。

 

院長の髙木仲人による歯科専門誌への執筆

 

ホワイトスポットは歯の結晶構造に変化が起きているため自然に治ることはありません。

歯磨き粉でホワイトスポットが消えることもありません。

また、ホワイトニングにより歯の明度を高くすることで、白斑を目立ちにくくすることはできるかもしれませんが同じく消失はしません。

アイコン治療とホワイトニングを組み合わせることで、歯の切削量を減らしてより審美的な治療ができることはあります。

他の人から見たら、その白い白斑を気にしているの?気にしないでいいのでは?と言われたりすることもあると聞きます。

ですがホワイトスポットがある患者さんの多くは自分の中ではコンプレックスであり、ご友人に歯を見せられたない。とかなり気になっている方が多いと思います。

そのようにホワイトスポットが気になっている方に今回の投稿を見て頂ければと考えております。

 

今回は再度エナメル質形成不全と考えられるホワイトスポット(白い白斑)についてお話をさせて頂きます。

 

エナメル質形成不全とは

歯の形成期にかかった病気や栄養状態の不良、遺伝等により歯の表面のエナメル質が上手く作られなかった状態です。虫歯ではないのですが、エナメル質が正常に作られなかったため正常な部分と比べると結晶構造が変化しているため光の屈折率が異なるため色が白く見えたりします。白色~茶色とカラーバリエーションがあります。

あくまで虫歯ではないのですが、層状もしくは斑点状に歯にホワイトスポットが発生し審美障害を引き起こします。

こちらについては削らずに放っておいた方がいいという歯医者さんと、気になるなら削ってレジンかセラミックで治しましょうという歯医者がいらっしゃると思います。まだホワイトスポットについて歯科医師の中でもアイコン治療は広く普及しておらず、アイコンを知らないということもあります。

また術者の経験と知識により結果が変わってくる少し取扱いの難しい治療法です。しっかりとアイコンを使用して治療できる歯科医師というのはまだまだ限られていると思います。

ホワイトスポットでお困りの方はまず第一選択としてラミネートべニアやセラミッククラウンで削るのではなく、削らずにホワイトスポットを隠せるアイコン治療をお考えになってはいかがでしょうか。

 

写真左側の大きな前歯の切端に茶色~白い白斑の混ざった部位が確認できます。(ホワイトスポットとブラウンスポットの混ざった症例)

 

歯を削らずにホワイトスポットをを消したいとのことでしたので、アイコンを使用してホワイトスポット治療をすることとしました。

 

アイコンを使用して1週間後の写真です

 

ホワイトスポットとブラウンスポットが目立ちにくくなったのがわかります。

更に色を消すとなると、切削してのコンポジットレジン修復を併用しなければならないと思いますが、今回は患者さんご本人は非常に治療に満足されたので治療終了することとしました。

アイコン治療は1歯¥33000(税込)ご相談・施術・経過観察の合計3回ほどの治療回数がかかります。年齢制限のない治療法ではありますが、基本的には18歳以上での治療をお勧め致します。永続的に色が消失するわけではなく色の後戻りが起こることもあります。

 

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区の門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。(東京駅車で10分程、豊洲駅からは5分)

遠方よりお越しの方は東京駅よりタクシーで10分程でご通院が可能です。

歯医者、歯の色でお困りの方は門前仲町髙木歯科へお気軽にお問い合わせください。

 

投稿日:2023年5月24日

#神経のない歯を白くしたい#ホワイトニングで削らずに白くする

江東区にあります門前仲町駅・木場駅・越中島駅より徒歩8分の門前仲町髙木歯科です。遠方からお越しの際は東京駅からお車で10分程でご来院が可能です。

院長髙木仲人は国立大学、徳島大学再生歯科治療学分野に所属しておりまた副院長髙木香はホワイトニングの研究で歯学博士号を取得しております。歯科医師向けのセミナーや学会での講演も行っております。経験豊富な歯学博士によるホワイトニングのご提案が可能です。

全国への歯科クリニック向けの取材写真

 

ホワイトニングとは

ホワイトニング剤を塗布することで、歯の表面の黄ばみ色素を分解して歯を漂白していきます。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家で行うホームホワイトニング、オフィスとホームを両方行うデュアルホワイトニングなどの方法があります。

歯を内側より色素を分解させて歯を白くするのには過酸化水素か過酸化尿素を用いないといけません。ところがこの薬剤は薬事法より歯科医師もしくは歯科衛生士のような国家資格を所持していないと行えないし処方もできません。

歯科医師等が不在でできるエステでのホワイトニングはあくまで外色素を分解除去しているにすぎず歯磨きの域を出ていません。

本来の意味でのホワイトニングは歯の漂白(ブリーチ)です。ホワイトニングをしたのに白くならない。

という場合には使用しているお薬に問題があるのかもしれませんね。

今回は歯の神経が死んでいて歯の色が黒くなってしまった、という方の実際の症例です。

 

 

写真右手の中央の前歯の色が暗いのがわかります

 

歯の色はかなり明度が低く暗くなっていましたが、歯を削ってセラミッククラウンで治すのではなくホームホワイトニングとウォーキングブリーチを併用して非切削で審美改善をしていくこととしました。

 

ホームホワイトニングとウォーキングブリーチ使用1か月後の口腔内写真です。

 

完全に歯を白くすることは叶いませんでしたが、歯を削らずに十分な審美改善ができたことで患者さんからは高い満足を得ることができました。

 

ホームホワイトニングは33000円、ウォーキングブリーチは11000円。コンポジットレジン修復(自費前歯)1歯55000円となります。

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区の門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。(東京駅車で10分程、豊洲駅からは5分)

遠方よりお越しの方は東京駅よりタクシーで10分程でご通院が可能です。

歯医者、歯の色でお困りの方は門前仲町髙木歯科へお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

投稿日:2023年5月22日

削らないホワイトスポット治療 アイコンで白い白斑を消す

江東区にあります門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内の門前仲町髙木歯科です。院長の髙木は国立大学法人徳島大学再生歯科治療学保坂啓一教授のご指導の下、ホワイトスポットの研究また学会発表・セミナー発表、専門誌への執筆を行っております。

専門誌への執筆

 

ホワイトスポットは歯の結晶構造に変化が起きているため自然に治ることはありません。

また、ホワイトニングにより歯の明度を高くすることで、白斑を目立ちにくくすることはできるかもしれませんが消失はしません。後にお話しをさせて頂く低粘性レジン浸潤法の際にホワイトニングを併用することは非常に有意義であると考えられます。

今回はエナメル質形成不全と考えられるホワイトスポット(白い白斑)についてお話をさせて頂きます。

 

エナメル質形成不全とは

歯の形成期にかかった病気や栄養状態の不良、遺伝等により歯の表面のエナメル質が上手く作られなかった状態です。虫歯ではないのですが、エナメル質が正常に作られなかったため正常な部分と比べると結晶構造が変化しているため光の屈折率が異なるため色が白く見えたりします。白色~茶色とカラーバリエーションがあります。

あくまで虫歯ではないのですが、層状もしくは斑点状に歯にホワイトスポットが発生し審美障害を引き起こします。

こちらについては削らずに放っておいた方がいいという歯医者さんと、気になるなら削ってレジンかセラミックで治しましょうという歯医者がいらっしゃると思います。まだホワイトスポットについて歯科医師の中でもアイコン治療は広く普及しておらず、アイコンを知らないということもあります。

またテクニックセンシティブですので、しっかりとアイコンを使用して治療できる歯科医師も限られていると思います。

ホワイトスポットでお困りの方、まずラミネートべニアやセラミッククラウンで削るのではなく削らずにホワイトスポットを隠せるアイコン治療をお考えになってはいかがでしょうか。

 

実際のエナメル質形成不全の方の症例写真です。

 

前歯のホワイトスポットが気になるとの主訴で来院された患者さんです。治療方法についてアイコン治療をご説明し同意を得たのでアイコン治療をすることとしました。

 

 

アイコン治療1週間後の写真です。

歯の中での白い白斑(表層下脱灰)が強く、非切削では完全にはホワイトスポットを消しきることができませんでしたが歯を削らずにホワイトスポットを隠すことができたため患者さんご本人からは高い満足を感じて頂くことができました。

 

アイコン治療は1歯¥33000(税込)ご相談・施術・経過観察の3回ほど治療回数がかかります。年齢制限のない治療法ではありますが、基本的には18歳以上での治療をお勧め致します。永続的に色が消失するわけではなく色の後戻りが起こることもあります。

 

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区の門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。(東京駅車で10分程、豊洲駅からは5分)

遠方よりお越しの方は東京駅よりタクシーで10分程でご通院が可能です。

歯医者、歯の色でお困りの方は門前仲町髙木歯科へお気軽にお問い合わせください。

投稿日:2023年5月22日

ホワイトスポット治療 学会口頭発表

江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内門前仲町髙木歯科です。院長の髙木は国立大学法人徳島大学再生歯科治療学保坂啓一教授のご指導の下、ホワイトスポットの研究また学会発表・セミナー発表、専門誌への執筆を行っております。

 

今回は5/13日土曜日 徳島大学再生歯科治療学分野で主催された象牙質歯髄治療学会にて院長の髙木仲人がホワイトスポット治療をアイコンを他の治療法と組み合わせて治療した症例について、口頭発表をして参りました。

 

学会発表時の写真

 

 

歯のホワイトスポットは様々な疾患や条件で発生することがあります。

学会発表時のスライドの一部より

 

1初期虫歯由来:虫歯は脱灰と再石灰化のバランスが崩れることで発生します。エナメル質表層下のミネラルが失われることにより、透光性が低下して目に見えるような光学的な特性が変化した状態です。肉眼で明らかに白色の変色が認められます。

2 歯牙フッ素症:諸外国ではウオーターフロリデーションと呼ばれる取り組みにより水道水に高濃度のフッ素が添加されており、う蝕の予防に非常に役立っています。その反面、歯の形成期に高濃度のフッ素を歯に取り込むことにより歯の表面に白色や茶色の斑点ができることがあります。海外ではメジャーな歯の白質病変ですが、日本ではほぼ起こりませんので気にしないで下さい。(フッ素塗布では起こりません)

3 エナメル質形成不全:歯の形成期にかかった病気や栄養状態の不良、遺伝等により歯の表面のエナメル質が上手く作られなかった状態です。虫歯ではないのですが、エナメル質が正常に作られなかったため正常な部分と比べると結晶構造が変化しているため光の屈折率が異なるため色が白く見えたりします。白色~茶色とカラーバリエーションがあります。

4 MIH(Molar Incisor Hypomineralization)

前歯と第一大臼歯に原局して発症するエナメル質形成不全で、白色の病変の範囲や形成不全の深度は症例によって異なります。諸外国では認知のある病気ですが、日本では歯科関係者でも知っている人が少ないです。日本における大規模調査において7-12歳の罹患率は11.9%と諸外国と比較しても同程度の罹患率があるので、国内の歯科関係者への周知が必要です。原因は確定的なものはまだ確定していませんが、エナメル質形成時のビタミンDの不足を指摘する研究もあります。

参考文献:エナメル質形成不全(MIH)―わが国におけるMIH発症に関する大規模調査から J Headlth Care Dent.2014;14:6-12.

科学研究費助成事業 Vitamin D regulates dentalepithelical cell differentiation and enamel formation 平成30年5/18

 

ホワイトスポットは歯の結晶構造に変化が起きているため自然に治ることはありません。

歯を削らずにホワイトスポットを消す方法としてアイコンという治療法があります。

 

歯の表層の過石灰化した部位を塩酸で溶かし、粘度の低い樹脂を歯に浸透させることでホワイトスポットの色を隠すことが可能です。

歯を削らずにホワイトスポットを消すor目立ちにくくするのにはアイコンがベストな治療法だと思いますが、その成功率は術者(歯医者さん)の経験や勘に依存するものが大きいです。

アイコン治療の最大のメリットは削らずにホワイトスポットを治せるor最小限の切削でホワイトスポットを治せる。というところです。

ホワイトスポットを治すために、ラミネートべニアやセラミッククラウンで治療する。でもいいとは思いますが、歯は削ると二度と元には戻らず削ったが最後、再治療ごとに治療は大掛かりになってしまいその多くはやがて抜歯へと至ってしまいます。

安易に歯を削るべきではありません。

前歯のホワイトスポット治療前(患者さんに掲載の了承を得ています)

 

ホワイトスポットをアイコンで治療した写真

 

歯を一切削ることなく、歯の色と形を綺麗に治すことができました。アイコン治療が1歯¥33000円(税込価格)永続的に色が変化しない、というわけではありません。継続的なメインテナンスをすることで長く歯の色を綺麗なものにすることができます。

ホワイトスポットのアイコン治療の流れは

ご相談→アイコン治療→経過観察 の合計3回となっております。

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。(東京駅車で10分程、豊洲有明は5分)歯医者でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

投稿日:2023年5月17日

ホワイトスポット治療 専門誌への掲載

江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内門前仲町髙木歯科です。今回は歯に現れる審美障害の原因の一つであるホワイトスポットについてお話しをさせて頂きます。院長の髙木は国立大学法人徳島大学再生歯科治療学保坂啓一教授のご指導の下、ホワイトスポットの研究また学会発表・セミナー発表、専門誌への執筆を行っております。

この度、歯科医師向けの専門誌に院長の髙木仲人の記事が掲載されました。歯科医師の中でもホワイトスポット治療についてはまだどうしたらいいのか、がわからなくて削ってしまったり、セラミッククラウンにしていることが散見されます。決してそれが悪いこと、とまでは思いませんが自分だったら削るのは嫌だな、と思ってしまいます。このような全国誌に掲載されることで、オパール―ストラやアイコンのように歯を削らずにホワイトスポット治療ができる!

ということが全国の歯科医師に一人でも多くメッセージが届けば良いなと思っております。

 

歯の表面に現れる白色の病変です。(White spot lesion)

ホワイトスポットの原因について

 

1初期虫歯由来:虫歯は脱灰と再石灰化のバランスが崩れることで発生します。エナメル質表層下のミネラルが失われることにより、透光性が低下して目に見えるような光学的な特性が変化した状態です。肉眼で明らかに白色の変色が認められます。

2 歯牙フッ素症:諸外国ではウオーターフロリデーションと呼ばれる取り組みにより水道水に高濃度のフッ素が添加されており、う蝕の予防に非常に役立っています。その反面、歯の形成期に高濃度のフッ素を歯に取り込むことにより歯の表面に白色や茶色の斑点ができることがあります。海外ではメジャーな歯の白質病変ですが、日本ではほぼ起こりませんので気にしないで下さい。(フッ素塗布では起こりません)

3 エナメル質形成不全:歯の形成期にかかった病気や栄養状態の不良、遺伝等により歯の表面のエナメル質が上手く作られなかった状態です。虫歯ではないのですが、エナメル質が正常に作られなかったため正常な部分と比べると結晶構造が変化しているため光の屈折率が異なるため色が白く見えたりします。白色~茶色とカラーバリエーションがあります。

4 MIH(Molar Incisor Hypomineralization)

前歯と第一大臼歯に原局して発症するエナメル質形成不全で、白色の病変の範囲や形成不全の深度は症例によって異なります。諸外国では認知のある病気ですが、日本では歯科関係者でも知っている人が少ないです。日本における大規模調査において7-12歳の罹患率は11.9%と諸外国と比較しても同程度の罹患率があるので、国内の歯科関係者への周知が必要です。原因は確定的なものはまだ確定していませんが、エナメル質形成時のビタミンDの不足を指摘する研究もあります。

参考文献:エナメル質形成不全(MIH)―わが国におけるMIH発症に関する大規模調査から J Headlth Care Dent.2014;14:6-12.

科学研究費助成事業 Vitamin D regulates dentalepithelical cell differentiation and enamel formation 平成30年5/18

 

ホワイトスポットは歯の結晶構造に変化が起きているため自然に治ることはありません。

 

 

 

アイコン治療後の写真

 

ホワイトスポットはアイコンで削らずに消すことができます。アイコン治療はまだ歯科医師の中でも認知が低く、アイコンを知らない歯科医師。また治療をしたことがない歯科医師も多いです。当院では学会発表、専門誌での啓蒙活動をしている院長髙木仲人が治療をしてまいりますので安心してご相談下さい。

 

歯を一切削ることなく、歯の色と形を綺麗に治すことができました。アイコン治療が1歯¥33000円(税込価格)永続的に色が変化しない、というわけではありません。継続的なメインテナンスをすることで長く歯の色を綺麗なものにすることができます。

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。(東京駅車で10分程、豊洲有明は5分)歯医者でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

投稿日:2023年4月19日

歯をぶつけた 変色 ホワイトニング治療

江東区 門前仲町駅木場駅、越中島駅より徒歩8分の門前仲町髙木歯科です。遠方からお越しの際は東京駅からお車で10分程でご来院が可能です。

院長髙木仲人は国立大学、徳島大学再生歯科治療学分野に所属しておりまた副院長髙木香はホワイトニングの研究で歯学博士号を取得しております。歯科医師向けのセミナーや学会での講演も行っております。経験豊富な歯学博士によるホワイトニングのご提案が可能です。

歯科医師向けのホワイトニングセミナー取材の写真

ホワイトニングとは

ホワイトニング剤を塗布することで、歯の表面の黄ばみ色素を分解して歯を漂白していきます。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家で行うホームホワイトニング、オフィスとホームを両方行うデュアルホワイトニングなどの方法があります。

 

今回は歯の打撲・外傷による変色(歯が灰色や赤茶色に変化する)についてお話をさせて下さい。

歯を強くぶつけてしまい、歯の神経が死んでしまったことで歯の変色が起こることがあります。過去に歯の神経の治療をしても同様のことが起こることがあります。

実際の症例を見てみましょう(患者さんご本人から許可を頂いております)

主訴は前歯をぶつけたところの色が気になる。全体的に歯を白くしたいとのことでした。セラミッククラウンでの歯の色や形の改善方法についてもご説明いたしましたが、双方共にあまり歯を削りたくないね。となったため、ホームホワイトニングとウォーキングブリーチ(神経が死んでいる歯専用のホワイトニング)を行い、欠けている歯はコンポジットレジン修復を行うこととしました。

1か月ホワイトニングを行い、その後コンポジットレジン修復を行った写真です。

歯を大きく削ることなく、白く綺麗な歯になりました。

 

ホームホワイトニングは33000円、ウォーキングブリーチは11000円。コンポジットレジン修復(自費前歯)1歯55000円となります。

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。歯医者でお困り方はお気軽にお問い合わせください。

投稿日:2023年4月14日

ホワイトスポットを削らないで消す治療 アイコンについて

江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内門前仲町髙木歯科です。今回は歯に現れる審美障害の原因の一つであるホワイトスポットについてお話しをさせて頂きます。院長の髙木は国立大学法人徳島大学再生歯科治療学保坂啓一教授のご指導の下、ホワイトスポットの研究また学会発表・セミナー発表、専門誌への執筆を行っております

 

2,022年度日本歯科審美学会第32回学術大会オーラル発表

 

ホワイトスポットとは?

 

歯の表面に現れる白色の病変です。(White spot lesion)

ホワイトスポットの原因について

 

1初期虫歯由来:虫歯は脱灰と再石灰化のバランスが崩れることで発生します。エナメル質表層下のミネラルが失われることにより、透光性が低下して目に見えるような光学的な特性が変化した状態です。肉眼で明らかに白色の変色が認められます。

2 歯牙フッ素症:諸外国ではウオーターフロリデーションと呼ばれる取り組みにより水道水に高濃度のフッ素が添加されており、う蝕の予防に非常に役立っています。その反面、歯の形成期に高濃度のフッ素を歯に取り込むことにより歯の表面に白色や茶色の斑点ができることがあります。海外ではメジャーな歯の白質病変ですが、日本ではほぼ起こりませんので気にしないで下さい。(フッ素塗布では起こりません)

3 エナメル質形成不全:歯の形成期にかかった病気や栄養状態の不良、遺伝等により歯の表面のエナメル質が上手く作られなかった状態です。虫歯ではないのですが、エナメル質が正常に作られなかったため正常な部分と比べると結晶構造が変化しているため光の屈折率が異なるため色が白く見えたりします。白色~茶色とカラーバリエーションがあります。

4 MIH(Molar Incisor Hypomineralization)

前歯と第一大臼歯に原局して発症するエナメル質形成不全で、白色の病変の範囲や形成不全の深度は症例によって異なります。諸外国では認知のある病気ですが、日本では歯科関係者でも知っている人が少ないです。日本における大規模調査において7-12歳の罹患率は11.9%と諸外国と比較しても同程度の罹患率があるので、国内の歯科関係者への周知が必要です。原因は確定的なものはまだ確定していませんが、エナメル質形成時のビタミンDの不足を指摘する研究もあります。

参考文献:エナメル質形成不全(MIH)―わが国におけるMIH発症に関する大規模調査から J Headlth Care Dent.2014;14:6-12.

科学研究費助成事業 Vitamin D regulates dentalepithelical cell differentiation and enamel formation 平成30年5/18

 

ホワイトスポットは歯の結晶構造に変化が起きているため自然に治ることはありません。

また、ホワイトニングにより歯の明度を高くすることで、白斑を目立ちにくくすることはできるかもしれませんが消失はしません。後にお話しをさせて頂く低粘性レジン浸潤法の際にホワイトニングを併用することは非常に有意義であると考えられます。

 

実際のホワイトスポットでお困りの方のお写真です。(ご本人様より掲載のお許しを頂いております)

 

 

治療前の写真:歯の切縁に目立つホワイトスポットが確認できます。

 

以前よりホワイトスポットが気になっていたとの主訴でご来院頂きました。歯を削らないでホワイトスポットを治療したいとお考えであったためアイコン治療についてご説明し、後日アイコンを使用して治療することとなりました。施術当日は歯の清掃、ラバーダム防湿装着、アイコン治療を行った後に当日の診療手順の写真をご覧頂きご説明させて頂きますので2時間程お時間を頂きます。

 

 

 

アイコン治療後の写真:ホワイトスポットが消えていることが確認できます

 

歯を一切削ることなく、歯の色と形を綺麗に治すことができました。アイコン治療が1歯¥33000円(税込価格)永続的に色が変化しない、というわけではありません。継続的なメインテナンスをすることで長く歯の色を綺麗なものにすることができます。

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。歯医者でお困り方はお気軽にお問い合わせください。

 

投稿日:2023年4月13日

歯を削らないですきっ歯(正中離開)を治す ダイレクトボンディング(コンポジットレジン修復)

江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内門前仲町髙木歯科です。前歯の隙間、すきっ歯(正中離開)が気になる場合にはどのような治療法があるのでしょうか。

 

①歯科矯正により歯の隙間を埋める

長所:歯を削らない。歯の大きさのバランスが元の状態と一緒なのでバランスが崩れることがない

短所:金額が高額である。治療期間がかかる

 

②セラミックによって間を埋める(セラミッククラウン、ラミネートべニア)

長所:治療が短期間である。2回程。セラミックなので美しさが長持ちする。

短所:歯を切削する。歯の幅が大きくなることがある。ラミネートべニアは脱離したりのリスクを伴う

 

③コンポジットレジン修復(ダイレクトボンディング)

長所:歯を一切削ることがない。修正、研磨が容易である。治療期間が短い(最短1回)

短所:欠けたりすることがある。材料の経年劣化による色の変化がある

 

今回は③のコンポジットレジンを使用したダイレクトボンディングで前歯のすきっ歯(正中離開)を治療した症例についてお話をさせて頂きます。

 

結婚式があるので歯を白くしたい、歯のすきっ歯(正中離開)が気になるという方です。

 

歯の色が濃く、前歯にはすきっ歯(正中離開)が観察されるためホームホワイトニングを1か月使用して頂くことになりました。(ホームホワイトニング費用¥33000円)

 

 

ホームホワイトニングを一か月使用して頂き歯の色が白くなったのを確認し、すきっ歯(正中離開)をコンポジットレジンを使用したダイレクトボンディングを行いました。(前歯ダイレクトボンディング1歯¥55000円)

 

ホームホワイトニングにより歯の色が白くなり、ダイレクトボンディングにて歯を一切削ることなくすきっ歯(正中離開)を治療することができました。

 

マスク装着が個人の判断となったので、歯の色が気になる。前歯のすきっ歯が気になるというご相談が多くなってきております。

門前仲町髙木歯科ではホワイトニング治療の経験豊富な歯学博士が在籍しており、院長の髙木仲人は徳島大学大学院再生歯科治療学分野教室にてダイレクトボンディングのような接着の研究を行っております。

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。歯医者でお困り方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

投稿日:2023年3月22日

ホワイトスポット アイコン治療 東京

江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内門前仲町髙木歯科です。今回は歯に現れる審美障害の原因の一つであるホワイトスポットについてお話しをさせて頂きます。院長の髙木は国立大学法人徳島大学再生歯科治療学保坂啓一教授のご指導の下、ホワイトスポットの研究また学会発表・セミナー発表、専門誌への執筆を行っております。

 

 

ホワイトスポット(歯の白い白斑やシミのようなもの)は歯の結晶構造に変化が起きているため自然に消えたりしません。また、歯磨き粉程度では色が消失することは絶対にありえません。

 

歯の表面に現れたホワイトスポット(歯の白斑)

ホワイトニングで色をぼかしていくか。歯を削ってコンポジットレジン修復を行うか、セラミックの被せ物をしよう。と提案されることもあるかもしれません。

ですが歯は削ると元には戻りませんから、なるべく削らないで欲しいというのが患者さん的にも私達歯科医も共通の思いです。

 

では、歯を削らずにホワイトスポットを治療するにはどうしたらいいの??

低粘性レジン浸潤法~ICON®(アイコン)がベストの治療法だと考えます。

屈折率がエナメル質とほぼ同程度のレジンを病変部に浸透させることで病変部の見た目が隣接するエナメル質と同じようになり,結果としてWSLをマスクすることが可能です。歯を削ることは一切ありませんのでご安心ください。多くの歯科クリニックで行われている治療法ではありませんので、アイコン治療を提供しているクリニックは非常に限られていりものとなります。

実際の症例です

 

 

写真右側、歯冠部にホワイトスポットと歯が欠けているのが観察できます。

色の調整はかなり困難である旨はご説明し、歯を一切削らずにホワイトスポットをアイコンで治療し同じ日にコンポジットレジン修復をすることとしました。

 

アイコン治療+コンポジットレジン修復後の写真

歯を一切削ることなく、歯の色と形を綺麗に治すことができました。アイコン治療が1歯¥44000円(税込価格)コンポジットレジン修復が1歯¥33000円(税込価格)。永続的に色が変化しない、というわけではありません。継続的なメインテナンスをすることで長く歯の色を綺麗なものにすることができます。

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。歯医者でお困り方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

投稿日:2023年3月6日

歯を削らない ホワイトスポット治療 アイコン

江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内門前仲町髙木歯科です。今回は歯に現れる審美障害の原因の一つであるホワイトスポットについてお話しをさせて頂きます。院長の髙木は国立大学法人徳島大学再生歯科治療学保坂啓一教授のご指導の下、ホワイトスポットの研究また学会発表・セミナー発表、専門誌への執筆を行っております。

 

ホワイトスポットは歯の結晶構造に変化が起きているため自然に治ることはありません。

歯を削らずにホワイトスポットを治療するには??

低粘性レジン浸潤法~ICON®(アイコン)

屈折率がエナメル質とほぼ同程度のレジンを病変部に浸透させることで病変部の見た目が隣接するエナメル質と同じようになり,結果としてWSLをマスクすることが可能です。歯を削ることは一切ありませんのでご安心ください。

実践の症例をみてみましょう

 

初診来院時の口腔内写真

前歯のホワイトスポット(写真左側の前歯の白い斑点)を気にしてご来院頂いた方です。他院では治すのに歯を削って詰めるか、セラミッククラウンにしよう。とお話があり、歯を削らないで治療ができないかとご相談にいらっしゃいました。

アイコン治療についてご説明し、後日アイコン治療を行いました。

 

アイコン治療直後の写真

 

 

歯を削ることなく歯のホワイトスポット(歯の白い斑点)を治療することができました。治療回数はご相談、アイコン治療、経過観察の合計3回です。

治療費用はご相談料金が30分3300円、ICON®(アイコン)での治療が1歯33000円です。処置の時間は2時間程お時間がかかりますので完全予約制での治療となっております。

門前仲町髙木歯科では1つのクリニックで抜歯・歯列矯正・虫歯治療・ホワイトニング・ホワイトスポット治療まで各専門医の診療を受診することが可能です。

門前仲町髙木歯科は江東区、門前仲町駅・木場駅・越中島駅から徒歩10分以内にございます。地下にクリニックモール用の駐車場がございますので東京駅、銀座駅、豊洲や有明からもご通院可能です。歯医者でお困り方はお気軽にお問い合わせください。

 

投稿日:2023年2月28日

1 2 3 4 5 6 7 8 11